膝関節症(他店との違い)

なぜ?今まであなたの変形性膝関節症が改善しなかったのでしょうか。

整形外科で膝の治療を受けた場合、すぐに手術を進められるわけではなく、保存療法で様子を見ていきます。

保存療法とは

  • 膝にたまった水を抜いて、ヒアルロン酸を注射する
  • 膝を温める
  • 電気を流す
  • 体重を減らし、膝の負担を軽減させる
  • 運動をして、足の筋肉をつける

変形性膝関節症は進行していく症状である為、膝にたまった水を抜いてヒアルロン酸を注射しているその時は楽になりますが、徐々に痛みが出て注射を打ちに行くのを繰り返している間に進行して変形が強くなっていくことになります。

その場しのぎであって、根本的な解決法ではありません。医師もそのことはわかっているために、痛みが改善せずにひどい人には手術を進めるのです。

多くの整骨院では

一般の整骨院では膝に電気をかけて、マッサージをする所が多いです。しばらく何カ所も通っている間に進行が進み、足がO脚となって、結局病院で手術を進められることになります。

変形性膝関節症は徐々に進行して痛みが強くなります。初めのうちは痛みが出たり消えたりしますが、徐々に痛みの出る間隔が短くなり、常時痛くなります。リハビリを受けている間に進行が進み、手術を進められることになります。