スタッフ紹介

院長 小木曽周二

院長 小木曽周二

趣味
読書、筋トレ
血液型
B型
資格
柔道整復師

私が治療家になった理由

はじめまして!水野整体院・接骨院、院長の小木曽周二です。

ホームページをご覧いただきありがとうございます。私の治療への思いです。

「私の治療家への道」は18歳の高校3年生の時に、マット運動で首の骨を骨折し、3ヶ月間、病院のベッドで寝たきり状態になったことに起因します。

最初は、髪の毛1本でも触ると激しい痛みに襲われ、「今後どういう人生になるのか」「一生寝たきりになるのか」強い強い恐怖と不安を覚えました。顎(あご)に固定具を付けて3ヶ月間の牽引(けいいん)治療を受けました。母は、一日の休みもなく、全く動けない私の世話をしてくれました。

「健康の有り難さ」を身にしみて感じました。そして「父と母への、多くの方への感謝の思い」が溢(あふ)れました。この身体が良くなったら、自分の命は、多くの方に捧げ、少しでも人の役に立つ人間になろうとその時に決意したのです。その思いが、「治療家」の道を選ぶ原点となりました。

 

施術者の徹しきる姿勢を学ぶ

「柔道整復師」の免許を取得する前の3年間、カイロプラクティックの学校に通いながら、基礎から「指圧式のほぐす技術」を徹底的に学ぶことになりました。

師の徹底した厳しい指導の根底に、「お客様に対して、手を抜かず、ほぐすという仕事」に対する愛情とプライドが存在し、仕事に徹しきられる姿に魂が揺さぶられました。私は初めて「師」と仰ぐ方と出会えたのです。

「水野接骨院」開業と新技術への取り組み

しかし、私は、リラクゼーションのセラピストではなく、治療家の道を選び、平成6年「柔道整復師」の免許を取得しました。開業を目的に、学びの場として東京の「佐藤整形外科」・「井上接骨院」・「八柱クリニック」という「整形外科」と「名倉整骨院」・「南柏整骨院」で分院長の経験を得て、平成11年「水野接骨院」を開業しました。

開業以来、皆様へのお役に立つべく、東京・大阪と毎月講習会に通い15種類以上の「技術講習」に取り組み、「技術の試行錯誤」を重ねました。それぞれの技術は、その技術理論においては、最初は万能のように思えました。しかし、全てのそれぞれの患者の症状・筋肉の状態・年齢・患者の精神状態などによってその効果は一様ではなかったのです。

真剣な学びと努力の果てに、技術を深めることは結局「人という大切な生命」と「個性の特性」を知るということであったのだと感じました。お一人お一人に向き合った「オーダーメイド的治療」という方向性を見出したのです。既に、施術者は有に20万人を超えた私の50歳の確信でした。

受付 櫻本 智香子

受付 櫻本 智香子

出身
長崎県五島列島
血液型
AB型
趣味
読書

この仕事をしていて良かったことは何ですか?

患者さんが元気になってともに喜びをわかちあえることです。

笑顔でお待ちしております。

今 疾風(こん はやて)

今 疾風(こん はやて)

出身
瑞浪市
血液型
AB型
趣味
キャンプ、釣り

僕は体が小さいころ、喘息を患っていました。

その頃は発作を起こすと呼吸をするのがとても

辛く、寝ることもまともにできない状態が続いておりました。

 

しかし体が大きくなるにつれて発作の頻度も

少なくっていきましたが、そのころ父の友人である小木曽先生の水野接骨院に良く遊びに連れていってくれたことを今でも覚えています。体の辛さを経験して、いつか自分が人の体を治せたらなと考えるようになりました。

 

そんな時、当時工場に勤めいていた時に腰を痛めてしまいました。

 

かなりの激痛でまともに歩くことができませんでした、水野接骨院で施術を受けさせていただきました。

今まで激痛でまともに歩くことができなかったのが噓みたいになくなり、再び歩くことができるようになりました。

 

先生の施術や治療家としての考え方に感動し、治療家としての道を歩むことに決めました。

 

院長の高い技術力を日々横で学ばせていただき

とても嬉しく思います。治療家として少しでも多くの患者さんの力になれたらと日々努力精進しています。